私のハゲ対策
ウサギ カエル クマ トラ ネズミ

食事について


1、薄毛に良い食事

薄毛が気になるのなら、やっぱり薄毛に良い食事を日頃からとるということもとても大切なことですよね。
中には好きなものばかりを食べるいわば「偏食」スタイルで食生活を送っている方もいるかもしれません。
確かにこの食事のとり方は、気持ちの面では満足することができる食事スタイルとしてとらえることができるかもしれませんが、 体の面からすると栄養不足状態であるわけですから、体の面からは満足することができる食生活を送っている、ということは いえませんよね。
特に髪の毛を生成する上で欠かすことができないタンパク質や亜鉛はもちろんのこと、様々な栄養素がうまく働くように サポートする役割も担ったりするそれぞれのビタミン類や血行促進にも欠かせない鉄分もしっかりと バランスよく取り入れることが大切です。

最近ではサプリメント類も販売されているので、もししっかりと食事面を意識しても摂取不足が気になる、難しい・・・と 感じるような栄養があるのならサプリメント類をうまくサポート的アイテムとして役立ててみるのも 一つの方法なのではないでしょうか。
しっかりと薄毛に良い食事を心がけて、体の中から薄毛改善に努めてみてくださいね。

2、薄毛に良い飲み物

男性ホルモンであるテストステロンは5αリダクターゼと結合されることによりジヒドロテストステロン(DHT)に なってしまい、薄毛の原因となるということはもうご存知かと思います。
こういったジヒドロテストステロン(DHT)が原因となっている薄毛はとにかくジヒドロテストステロン(DHT)自体を 抑えることも大切ですよね。
そんなジヒドロテストステロン(DHT)の抑制効果がある、といわれている食べ物のひとつに大豆食品があるのですが、 これにある飲み物をプラスして飲むことで、より抑制されるとも言われているのだそうです。
そのある飲み物とはいったい何かといいますと、ずばりそれは「緑茶」です。
私たち日本人にとってはとてもなじみの深い飲み物である、緑茶。
この緑茶を大豆製品と一緒に摂取することで、より抑制することができるといわれているようなんですね。
ちなみに逆に緑茶単体では、ジヒドロテストステロン(DHT)を増やしてしまう、ということも言われているようなので、緑茶を 取り入れる際にはぜひ大豆製品もお供に取り入れる!ということがポイントであるようです。

また、緑茶を取り入れる際に気を付けてほしいのは、ペットボトルの緑茶では加工されていることから効果が期待できないとも 言われているようですので、摂取する緑茶についても注意が必要です。
大豆製品と、緑茶をしっかりと淹れ、ゆっくりと和食を味わいながら薄毛の改善を目指す、というのもとても ヘルシーでよさそうですね!

3、バランスの良い食生活をする

いくら薄毛に対して効果を期待することができるアイテムでケアをする生活を行っていても、やはり 基本中の基本であるバランスの良い食生活を心がけなければ、体の中からしっかりと薄毛の改善を 目指すことは難しいとも言えます。
特に、髪の毛はたんぱく質を中心とし、ミネラル類やビタミンといった栄養素により作られているわけですから これらの栄養素自体が不足してしまっている状態では、スムーズに栄養を頭皮に届けることができないどころか、 髪の毛の育成に栄養がいきわたらなくなってしまいます。

私たち人間の体は、特に命に係わる部位を優先に栄養が運ばれる・・・なんていう話題も耳にするくらいですから、 (この話題を聞くと、本当に私たち人間の体はよくできてるな!なんて思ってしまいますよね。) 髪の毛が特に優先的に運ばれる・・・ということは考えにくいですよね。
ですからしっかりと、自分の大好きな食べ物だけではなく緑黄色野菜なども積極的に取り入れる食事習慣を 取り入れてみてほしいものです。
緑黄色野菜には、現代人である私たちが不足しがちだとよく言われているミネラルやビタミンが豊富に含まれているので、 是非この辺りを意識してバランスの良い食生活を心がけてみることをおすすめします。
バランスの良い食事についてはこちらのページを参照してください。

4、夜寝る前に食べる

帰宅時間が遅くなり、どうしても夜寝る前に食事を食べる食生活を送らなければいけない方も多いかと思います。
ですがこの生活を続けていくと、当然ながら肥満の原因になってしまうのはもちろんのこと、薄毛に対しても良い状況を 作りだすことができない、ということはご存知ですか?
特に成長ホルモンは夜10時~2時の時間帯に分泌が活発になるといわれています。
(この成長ホルモンは、髪の毛の成長に対してもかなり影響があるホルモンであるわけですから、しっかりと薄毛の悩みを 抱えている方は意識してほしいホルモンです。)
ですがこの成長ホルモンが分泌されているときに、夜遅く食事を摂取したことから、胃に食べ物がまだ残っていると どうしても胃の消化に血液が集中してしまうのだそうです。

このことから元は頭皮にいくはずだった血流が、別の方に集中してしまうので、髪の毛が成長しにくい状態になってしまうようなんですね。
夜寝る前に食べるという行為は、ただ肥満の原因になってしまうだけではなく、このように特に薄毛の悩みを抱えている人にとっては 薄毛に対しても影響が出る行為であるということがいえるわけですから、きちんとこの習慣を持っている人は改善するように 務めることも大切だと思います。
最初は習慣化されているため、難しく感じるかもしれませんが自分のためにコツコツ改善に取り組みましょう。

5、食べすぎる

飽食といわれている現在では、とにかくついつい食べ過ぎてしまう・・・という習慣を持っている方も多いようです。
ですが食べ過ぎてしまうと、太るだけではなく健康面や薄毛に対してもリスクが出てしまうということをは、ご存知ですか?
太ると血流が悪くなる、いわゆる血行不良状態になってしまう場合もあるのだそうです。
血行不良状態になってしまうということは、頭皮に血流を通じてスムーズに栄養を送ることが難しくなってしまうため、 栄養不足により髪の毛もうまく育つことができなくなってしまうことも考えられます。
つまり、この栄養不足状態が薄毛の原因となっている場合もあるというわけなんですね。
また、食べ過ぎはそれだけではなく、健康面では特に内臓負担も気になるところなのではないでしょうか。
内臓に負担がかかってしまうと、スムーズに栄養を送ることができなくなってしまうことへもつながるので、さらに髪の毛に 対しても栄養が注がれにくくなってしまう状況を作り出してしまう可能性もあるのです。
これ以外にも様々な健康被害のリスクを抱えてしまうことになり、最悪食べ過ぎによる過度な肥満は命にも影響を与えて しまう場合があるのですから、これを気に食べ過ぎに注意する習慣を送ってみてはいかがでしょうか?
薄毛の改善だけではなく健康面へも配慮することができるようになるので、一石二鳥だと思いませんか。



Copyright (C) 私のハゲ対策. All Rights Reserved.